アイン興産株式会社電話番号
イメージ
羊水の響き
尿で汚れた羊水を浄化 胎児を38℃に温める羊水の響きは 糖尿病 高血圧 高脂血症でドロドロに汚れた血液を綺麗にします

母親の響かせる胎内の羊水の波動エネルギーは、胎児の尿で汚れた羊水を浄化します。母親が響かせる激しい波紋の響きは、尿で汚れた羊水を温め、水分子を変え綺麗にしています。羊水の尿を浄化するシステムは私たちの糖尿病、高血圧、高脂血症で汚れた血液を綺麗にすることがわかってきました。羊水の響きに学んだ音響チェアは、糖尿病、高血圧、高脂血症でドロドロに汚れた血液を摩擦熱で温め、血液の水分子を変え、サラサラにします。摩擦熱を生む羊水の響きは、塩分による血液(強磁性鉄イオン)の酸化による錆を防ぎ、黒鉄に変え生体磁石作用を高めます。羊水の響きは西洋医学の薬を超えた最善の自然療法であることがわかりました。

身体を震わせる羊水の身体共鳴の響きは生きた声 耳で聞く空気の聞く音は死んだ音 耳の音では胎児は育たない

録音した自分の声は他人の声に聞こえます。空気の耳の音は死んだ音だからです。(20〜2万Hz)羊水の身体を震わせる身体共鳴の生きた声は(2〜15万Hz。)胎児を38℃に温めます。胎児を元気に育てる羊水の脊髄の響きに学び、心と身体を健康に導く脊髄で聞く音響チェアオーディオシステムを開発しました。

「心臓」「細胞」の死が人間の死です 心臓と細胞を赤ちゃんのように若返らせる羊水の響きは生命が買える

羊水の生きた響きは心臓の鼓動を高め胎児を38℃に温め元気に育てます。胎児を育てる羊水の響きを再現しました。柔らかい網構造体を震わせ、生命の急所脊髄に水の波紋の響きを聞かせる世界で初めての新しい音響システムです。母親の体温36.3℃の低体温。母親の響かせる羊水の響きが胎児を38℃に温め元気に育てます。

胎児の細胞の水分は80% 50歳の細胞の水分は50%の老化した体になります
水分80%の若い細胞に若返る羊水の響きは最先端医学に革命を起こす

羊水の生きた響きは胎児を38℃に温め、水分80%の元気な細胞を育てます。歳を重ね50歳の細胞の水分は50%に減少。シミ、シワの多い老化した体になります。生きた羊水の響きの音響チェアは体内の70兆個の細胞を若返らせる不思議な現象が起きています。細胞は毎日新しい細胞に若返ります。水分80%の赤ちゃん細胞に近づけ若い細胞が蘇ります。細胞の死が人間の死です。西洋医学の薬の発想では考えられない胎児を育てた羊水の響きを応用した生命力を蘇らせる新しい技術です。

羊水に生まれる「胎光」の光は生命の「魂」

「胎光」とは魂の光。羊水に生まれる「魂」の光「胎光」は臨月に近づくと魂が胎児の体内に宿り、赤ちゃんが誕生します。母親の持つ血液(強磁性)鉄イオンと胎児の持つ血液(鉄イオン)の磁気エネルギーがお互いに磁気共鳴、羊水の中にゼロ磁場の磁気エネルギーの渦が発生、神秘的な「胎光」魂の光がゼロ磁場に誕生します。「胎光」は人間の魂。

生命の源は肺呼吸 心臓の脈動の磁気発電システム

人間は、「肺呼吸」「心臓の鼓動」「血管の脈動」「ヘモグロビン(強磁性)の鉄イオン」の磁力を生む血液の流れの摩擦熱は、生体磁石エネルギーを高めます。「摩擦熱が生む磁気エネルギーの生体磁石作用」の発電システム。ヘモグロビンの鉄イオン(強磁性)の磁力を高め、心臓の鼓動、脈動の激しい響きは血液を温め血流を良くします。血液と血管の摩擦熱で磁気エネルギーが発生します。血液循環システムを応用、血液の磁気エネルギーを応用した発電システムは私たちの生命力を維持します。

「赤ちゃん」「心臓」の38℃の体温はがんにならない 羊水の響きは胎児を38℃に温め水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせます 赤ちゃん細胞はがんに勝つ

50歳の年齢は低体温。水分50%の細胞です。70兆個の体内細胞を赤ちゃん細胞(水分80%)に近づけます。熱に弱い温熱高感受性のがん細胞を羊水の響きは温めます。がん細胞は鉄イオンの鎧で囲みます。鉄分をがん細胞が吸収、がん患者は貧血になります。音響チェアのエネルギーは、磁気作用でがんの鎧を壊します。38℃の胎児の体温はがんに負けないのです。細胞は毎日少しづつ新しい細胞に生まれ変わります。「マラリアに感染すると高熱でがん細胞が消える。」「39.2℃の高温はがんに勝てる」は医学の中では有名な話です。元気な細胞とがん細胞を一緒に殺す抗がん剤投与は間違っています。正常な細胞も一緒に殺し、免疫力を低下させ生命力を奪ってしまいます。胎児のように羊水の響きを毎日聴き続け、胎児のように身体を38℃に温め水分80%の元気な細胞に蘇らせます。細胞を38℃に温め熱に弱いがんに勝つ自然療法です。

母親の響かせる羊水の生命のリズムが音楽の響きの原点です

海で誕生した人間は、母親の羊水(海水)の中で揺られながら、波紋の水の響きで育ちます。柔らかい網構造体を震わせ、水の波紋の羊水の響きを再現しました。母親の呼吸数(18回/分)、体温(36℃)、心拍数(72分)、血圧(144Hz)、母胎音(288Hz)の生命のリズムで育てます。音楽の響きの原点は母親の生命のリズムです。羊水の中で「胚子の魚の時代」「両生類」「爬虫類」「原始哺乳類」から人間としての誕生まで、35億年の生物進化を再現し胎児となります。魚類の時代、脊髄が感覚器官となり、脊髄で聴いていました。脊髄の響きが興奮するのはこのためです。

病は気から 赤ちゃんは気のエネルギーを応用 羊水の体内で母親の目 耳 心を通して感情や外部の景色を感じています

赤ちゃんは羊水の中で母親の目、耳、心を通して、一緒に感じた外部の景色、喜び、悲しみの胎内記憶を物語のように話します。母親の気のエネルギーに磁気共鳴し、母親の心を感じています。母親が感じたネガティブな感情は胎児の心にトラウマを生み、大人になっても悪い潜在意識となって残ります。胎児に話しかけ、音楽を聴かせ、お腹に手を当てるなど安心させる胎教が大切です。

初乳と38℃の体温は赤ちゃんの自己免疫力を高めます

分娩後数日間分泌される初乳の乳汁は母親の伝える抗生物質です。胎児は乳汁を飲む事で胃と腸の殺菌力、自己免疫力、消化機能を高め、新生児を守ります。パンダは初乳を与えないと3時間で死亡します。赤ちゃんの産声の叫びは自分で肺呼吸をする為の大切な儀式です。羊水で育った胎児の産声は、イルカの声と同じ響きです。

赤ちゃんの腸内温度39℃ 玄米食 野菜食の食事療法をすすめても腸内温度38℃に高めなければ意味がない

胎児の腸の温度は39.2℃です。胃の中や腸のちくわの内側は、体の外部と同じ生体外です。胃と腸の内部は外部に晒されています。野菜、肉、魚など食べ物と一緒に細菌、ウイルス、有害物などが侵入します。胃と腸の温度を39℃に高め、消化酵素を活性化、殺菌と消化機能を高めることが大切です。腸管は長いため、体内の免疫細胞の60%が腸に局在しています。腸が低体温に陥ると、免疫力と消化酵素の機能が低下、消化排泄機能が悪くなり便秘になります。老廃物の腐敗が進み、尿、便、汗、おならが臭くなります。腸を39℃に温めると消化機能と排泄機能が高まり、腸を浄化、食物の濾過機能が高まり、毒素を体外に排出浄化します。玄米食や野菜食などの食事療法を進めても腸を39℃に温め消化酵素を活性化しなければ意味がありません。食事療法の基本は腸を39℃に温め消化酵素を活性化させ消化機能を高めることです。