アイン興産株式会社電話番号
イメージ
超常現象
生体磁石「気」の磁気エネルギー作用が超能力・テレパシーの潜在能力を呼び覚ます

血液は強磁性の鉄イオンです。人間の持つ「気」の生体磁石作用を高めると、超能力、テレパシーの潜在能力を呼び覚まします。お互いの持つ生体磁石の磁気エネルギーが磁気共鳴し、テレパシーで心を伝え合います。羊水の響きは、血液の持つ鉄イオン(強磁性)を摩擦熱で温め、鉄イオンの磁力を高め、磁石作用が高まります。残留思念や磁気残留は、死後、磁気が残留する神秘的な現象です。

テレパシーはお互いに磁気共鳴し心を伝えます

テレパシーは相手を思う強い気持ちの磁気エネルギーを受け手が共に磁気共鳴し合うことで磁力の糸が引き合い、心を伝えます。MRI(磁気共鳴画像法)で二人の間に磁気共鳴の脳活動を確認しました。野生動物のコミュニケーション手段はテレパシーです。双子は、一方が危険を感じると一方も感知するテレパシーの超能力があります。磁気が共鳴する現象が確認されています。(科学雑誌サイエンス)。アメリカ人の50%は超能力、心霊現象による心理的な効果を信じています。30%はテレパシーの経験と存在を信じています。超能力を信じる人を「羊」、信じない人を「山羊」と呼びます。現代人はテレパシーの気の磁気エネルギーを伝える本能を忘れた磁力のない人間となっています。

医療と霊性(スピリチュアリティ)
心霊現象・超能力・テレパシーの原理の解明は死を招く

超常現象・心霊現象・魂の原理と真理の解明は、関係者の死を早めたり不慮の事故を招き危険だと言われています。西堀貞夫は心霊現象・超常現象・テレパシーを最先端医学に応用するため、自らの生命の危険を顧みず、メカニズムを公開しました。予言の通り、急に病に倒れ、病院で生死をさまよいました。神秘的な心霊現象を生む臨死体験と光り輝く幻想の死後の世界を観て来ました。生命の科学としての解明はいけない事です。天に許されたと神に感謝しています。

心霊現象は脳内麻薬の夢世界の神秘的な覚醒作用です

激しい脊髄の衝撃波は気を失わせ、生体麻薬アドレナリン・エンドルフィンで脳を満たし、覚醒麻薬作用で心に心霊現象が生まれます。脳内麻薬作用はヘロイン・コカイン・モルヒネの有害薬物より安全な麻薬作用で心と身体を幸せに導きます。生命の危険を伴う脊髄の響きは、生体麻薬の覚醒作用で人間の心を変え、幸せの境地に導きます。心霊現象は脳内麻薬作用の神秘的な覚醒作用です。臨死体験や光り輝く死後の世界も覚醒作用の夢の世界です。葬儀屋さんは、昔の遺体は軽く、安らぎの表情をしていたと話します。西洋医学の点滴や薬漬けの延命治療は、薬と水分で身体がブクブクの溺死体となり、恍惚感を抱いて安楽死することが出来ません。

空手 太極拳 合気道 ヨガ 医学気功「気」エネルギーの千倍以上の磁気エネルギーを生む音響チェアオーディオシステム

音響ルームで、ゼロ磁場の磁気が発生する場所に座ると、体温37〜38℃に上昇する超常現象が起きています。音響免疫療法患者の会リーダーの田中敦子さんが方位磁石を持参し、部屋の中にN極S極を示さないゼロ磁場の神秘的な現象を発見しました。音響チェアが強い磁力を発生、部屋の中にゼロ磁場のパワースポットが生まれたのです。東洋医学の医学気功(中国)、アーユルヴェーダ(インド)ヨガ「気」の伝統医学は、ペルシャ、ギリシャ、チベットの古代医学に強い影響を与えています。音響チェアの気の磁気エネルギーは気功、アーユルヴェーダのエネルギーより千倍以上の気の磁気エネルギーが発生します。気功療法は、受け手が信頼し、磁気エネルギーに共鳴しあうことで二人の間にゼロ磁場が発生、効果が現れます。気功のエネルギーには限界があり、気功師の生命力を弱めます。「気」のエネルギーを生む音響チェアの魂の響きはお金で買えなかった命が買えるようになりました。魂の響きはあなたの生命を救います。

映画・TVの脊髄の響きを女性を美しくする美容テクノロジーに応用

70兆個の体内細胞を若返らせ女性を美しくします。表面的に美しく魅せるメイク・美容整形・注射の美容法は劣化の恐怖から逃れられません。身体の内面から温め、赤ちゃん細胞に若返らせ、みずみずしい赤ちゃん肌・元気な若い身体が蘇ります。肌に触れ、鏡に映し、シミ・しわ・たるみのないしっとりした若い美しい小顔にびっくりします。クレオパトラが追い求めた永遠の美、若い元気な身体が蘇ります。年を重ね50歳の細胞の水分は50%。シミ・しわ・たるみの老化した肌と身体になります。気力の無い厚化粧の元気の無い顔は見ていられません。映像ホームシアターの響きは体内細胞を若返らせ女性を美しくします。

映像ホームシアターの感動の響きは薬事法・医師法に触れない神の領域

TV・ラジオ局・オーディオメーカー・ハリウッド映画製作者・CM製作者は、脊髄で見る映像ホームシアターの響きが心と身体をマインドコントロールし、薬を超えた最先端医学であることを知らない。がん患者300 人が涙と感動で選んだコントラバス・パイプオルガンで響くアメイジンググレイス、黒人霊歌の脊髄への音楽を聴くことができます。魂に響く音楽です。がん患者は、細胞に染み込む、生きている激しい響きを5 時間も安心して楽しみ、臭いがん臭を部屋に残します。がん細胞に変化を感じ、幸せだからです。聴き続けると、熱に弱いがん細胞が発熱し、がんに勝つ体質にします。70兆個の体内の細胞は音楽を奏で、お互いに共鳴しミクロの世界で成長します。細胞は響きが大好きです。人間はエネルギーの無い無音室に入ると死に至ります。お酒の麹の発酵は細胞と同じようにブスブスと音を発します。胎児のように38℃に温め、水分80%の若い細胞に蘇らせることががんに勝つ方法です。細胞の人工的な培養より、人間の細胞と心臓を若返らせることが大切です。死んだらおしまい。生き残るのが全て。

医療検査機MRI(磁気共鳴画像法)は生体磁石を応用

医療検査機MRI(磁気共鳴画像法)血液の強磁性の鉄イオンの磁気を応用しています。 西堀貞夫はMRIの磁気エネルギーの技術に協力しました。脳はマグネタイトと鉄イオン(血液)を含みます。コンピューターの磁気メモリは磁気で記録。人間の脳も磁力を高めると記憶力、集中力が高まり、頭脳が明晰になります。医療用エコー検査は身体にジェルを塗り、超音波で検査します。固体、液体は波動エネルギーを伝えますが、空気は伝えません。耳で聞く音楽療法は効果がないのです。網構造体がジェルの役割を果たし、波動エネルギーを身体に伝えます。羊水の生きた響きは1〜15万Hz。空気の伝える音は20〜2万Hz。体温を37.2℃〜38℃に温め、70兆個の細胞を若返らせる音響チェアは、世界の医学に革命を起こしたのです。1981年国立科学研究センター(フランス)の生物学者エレーヌ・グルマンと生体エネルギーの研究家ファヴィアン・ママンは低周波の音を正常の細胞とがん細胞に聞かせ、ある可聴域の音が「がん細胞」を死滅させることを発見しました。