アイン興産株式会社電話番号
イメージ
アインの根源
ヘブライ語の「アイン(AIN)」は「0」の宇宙根源を意味し、アラビア語のアインは「泉 」アインムーサは「モーゼの泉」を意味します

開発者・西堀貞夫の父は、第二次世界大戦で戦地ニューギニア、アイン地区で軍医として戦死しました。アインEIN(ドイツ語の1番)に心惹かれ、私たちアインの原点です。アイン(AIN)はヘブライ語で無(0)を意味し、宇宙根源を表します。ヨルダンには2つのアイン・ムーサがあります。アインとはアラビア語で泉、ムーサは旧約聖書に登場するモーゼ、アイン・ムーサとはモーゼの泉を意味します。ヘブライ人を率いてエジプトを脱出したモーゼが、杖で石を打ったところ水が湧き出したという故事に由来します。
西堀の生まれた生津という場所は、磁気エネルギーの強いゼロ磁場の特殊な場所です。豊受神社の瑞穂市外宮町に生まれ、研究所は瑞穂市内宮町にあります。神聖なこの場所で霊気・磁気エネルギーで吹き飛ばされた神秘的な幸せの体験は、今でも心に残っています。歴史を紐解くと、今から1600年前倭姫が天照大神をお祀りする場所を求め、諸国を旅し、美濃の国瑞穂市伊久良河宮に4年間滞在していたとき、神のお告げを受け瑞穂市生津の地より船で伊勢へ向かわれたと伝えられています。(伊勢神宮倭姫命世記により)神秘的なこの元伊勢の場所生津から音響免疫療法の物語が始まり、今世紀最大の開発がなされました。西堀貞夫は運命を悟りました。

生体磁石の磁気作用がN極・S極を示さないゼロ磁場のパワースポットを身体で体験できます

音響ルームに入りゼロ磁場の発生する場所に座ると、体温が1~2℃上昇する神秘的な磁気エネルギーによる超常現象が起きます。磁気エネルギーを生む音響チェアに座り音楽を、2~3時間楽しむと身体がぽかぽかと温まり、心と身体に幸せを感じます。あっという間に時間が過ぎ、体温が37~38℃に温まります。体験された視聴者は磁気の超常現象で身体が暖まり感動の心の夢物語を語られます。音響免疫療法患者の会のリーダー田中敦子さんが突然方位磁石を持参し、部屋の中にN極・S極を示さないゼロ磁場の神秘的な現象を発見をしました。響きで磁気が高まり、ゼロ磁場を発生、体温の上昇が方位磁石と体温計で確認できます。ヘモグロビンの鉄イオン(強磁性)がゼロ磁場の響きで磁気を帯びます。音響ルームは驚きのゼロ磁場のパワースポットになっています。血液に含むヘモグロビンの鉄イオン(強磁性)のサビを防ぎ、磁気を高めると、テレパシー・超能力の潜在能力を高めます。生体麻薬・生体磁石のメカニズムを最先端医学に応用しない西洋医学は間違っています。
(音響装置やCDにゼロ磁場による磁気エネルギーで、誤作動が設置場所により起こる事がありますのでご注意ください)

アインから地球の子供達へ

子供達の生活環境が悪化しつつあることは事実です。悲しい現実です。環境破壊、電子文明の発達の及ぼす問題は子供達の背に大きくのしかかってきています。親が子を想う気持ち、それは私達の昔より変わらぬものとして、今日生きている私達に引き継がれ、さらなる未来へ受け継げられていきます。私達大人よりも未来に生きる子供達の環境がより美しく豊かになったらどんなに素晴らしいことでしょう。